TOP>トピックス>火災警報器の設置義務

火災警報器の設置義務

住宅火災による犠牲者を減らすために消防法が改正され、全国一律に住宅用火災報知機等の設置が義務付けられました。
(平成16年6月2日公布)

設置期日など

新築住宅は 2006年6月1日 から
既存住宅は 2008年6月1日 から(桶川市、北本市、鴻巣市)

となります。

※新法令は新築・既存を問わず設置が義務付けられていますが、既存住宅への設置は各市町村条例により、原則として平成20年5月31日、遅くとも23年5月31日までを期限として設置の完了期日が定められます。
※市町村条例によっては設置場所が異なることがあります。

火災警報器のご紹介

是非、この機会に設置のご検討を。

警報器
  • 商品名 KK-DS21-10
  • 定販売価格 5,000円
  • 定価 8,610円
  • メーカー マックス
  • 煙感知式は寝室、階段、廊下などに適します。
  • 電池式は電気工事が不要なため、どこにでも簡単に取り付けられます。
  • 電池の寿命は約10年間です。
  • 電池切れの場合、警報とLEDの点滅でお知らせします。

※別途、送料がかかります。
※取り付けが必要な場合、1個 1,000円で取り付けいたします。
その場合送料はかかりません。
※5個以上のご注文の場合送料はかかりません。

詳細な仕様を確認したい方はこちらへ。

ご購入なさりたい方は、こちらの注文フォームへどうぞ。

設置場所

設置場所1

1.寝室

普段の就寝に使われる部屋に設置します。
子供部屋や老人の居室なども、就寝に使われている場合は対象になります。

2.階段

寝室がある階(屋外に避難できる出口がある階を除く)の階段最上部に設置します。

設置場所2

3.3階建て以上の場合

上記1.2の他に

  1. 寝室がある階から、2つ下の階の階段(屋外に設置された階段を除く)に設置します。
    (当該階段の上階の階に住宅用火災警報器が設置されている場合を除く。)
  2. 寝室が非難階(1F)のみにある場合は、居室がある最上階の階段に設置します。
設置場所3

4.その他

1.2.3で警報器を設置する必要がなかった階で、就寝に使用しない居室(床面積が7u以上)が5以上ある階の廊下に設置します。

■設置義務が適用されない住宅

1.市町村の助成事業等により、既に住宅用火災警報器と概ね同等の性能を有する機器等又はこれに類する機器が設置されている場合(寝室に設置されている場合に限る。)
2.消防法令21条、平成17年総務省令第40号及び特別基準により、「自動火災報知設備」、「共同住宅用スプリンクラー設備」が設置されている場合。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声