TOP>トピックス>防災・地震対策のすすめ>避難所のあれこれ

避難所のあれこれ

自宅近くを歩いていて「〜〜避難場所」と書かれた標識を目にしたことはありますか?
なんとなく、地震が起きたときにはここに逃げればいいんだろうと思っているかもしれませんが、避難場所にはいくつかの段階があります。

「一時避難場所」、「広域避難場所」、「防災公園」があり、

「一時避難所」とは、地域における初期段階の避難場所で、震災の被害から一時的に安全を確保するために逃げ込む場所のことです。
大体、近所の公園、堅牢で耐火性のがある建物などが指定されています。

「広域避難場所」とは、地震やそれに伴う火災で「一時避難場所」では対応できない場合の最終的な避難場所であり、長期にわたる避難生活が可能な場所です。

「防災公園」は、「広域避難場所」に指定されている公園の中でも特に防災性能が優れている公園のことを指します。

災害時には家族そろって避難ができるとは限りませんから、事前にどこに避難するか決めておくと良いでしょう。

避難場所
  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声