TOP>トピックス>防災・地震対策のすすめ>自助の覚悟

自助の覚悟

「天は自ら助くる者を助く」という格言があります。
大規模な地震災害が発生したときには、当面(3日ほど)自分のみは自分で守る考えに徹するべきです。

国や自治体の「公助」を期待しても、すぐに飲料水や食料が届くとは限りません。
火事になったからといってすぐに消防車が駆けつけることも、怪我をしたからといって救急車がすぐに来てくれることは難しいのです。
それまでは、自分自身の手で凌がなければなりません。

自助

自助は何も地震が発生してからだけの事を指しません。
実は、自宅の耐震強度を高めるとか、家具や電化製品を固定するとか、非常用のグッズを準備しておくなども重要な自助のひとつなのです。

この段階の自助をしっかりしておけば公的援助が届くまでの期間も生き延びることが出来るでしょう。

共助

自助と並んで心がけるべきなのが共助です。
共助とは近隣の人との助け合いを指します。
阪神淡路大震災では、近所の人たちが倒壊した住宅の下に生き埋めになった人を助け出したり、火災の消火に当たったりしました。
それにより多くの人命が助かったのです。

自分と家族の安全の確保とともに近隣の人と力をあわせて救助活動を行い、協力して生き抜くことを考えましょう。

公助

もちろん公助を積極的に活用することも大切です。
インフラの回復とか、救援物資の配布、仮設トイレや仮設住宅など、国や自治体でなければ出来ないことはたくさんあります。

公助がフル活動しだしたら、その助けを借りて被災後の生活を快適なものにしていきましょう。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声