TOP>トピックス>防災・地震対策のすすめ>被災時は?

被災時は?

実際に地震が起きた際には、まず火を消すのが鉄則です。

チャンスは3回。
1度目は最初にぐらっとゆれたとき。
2度目は揺れが収まったとき。
3度目は出火してしまったときです。


火が出てしまってもすぐに燃え広がるわけではありませんから、消火器などであわてずに消化をすれば大丈夫です。
もし炎が天井まで届くような状態になってしまったらもう手遅れです。
近所に火事を伝え、消防署に連絡して一刻も早く避難しましょう。

火を使っていなくても非難する際には

1 ガスの元栓を締める
2 電気器具のプラグを抜く
3 ブレーカーを落とす


の三つを忘れないようにしてください。
阪神淡路大震災では、電源が回復したときの使用中だった電化製品の熱などで火災になった例がたくさんあったからです。

消化に役立つグッズ

消火器

消火器

家庭用消火器は、今は大半が粉末式です。
消化剤が噴射されるのは15秒前後なので、燃えている火元に向けてから使用する。
仕様有効期限があるのでチェックすることも大切。

消化布

消化布

てんぷら油や石油などから火が出た場合など、小規模火災の初期消火に効果的。
不燃性の布で作られているため、防火頭巾としても使用できる。

スプレー型消火器

スプレー型消火器

操作が簡単。
初期消火には充分役に立つ。
軽くて持ち運びに優れていて防災リュックに1つ入れておきたい。

消火用三角バケツ

消火用三角バケツ

東京消防庁が開発。
バケツの内部には一度に水が出ないように仕切りがあり、4〜5回に分けて水をかけることが出来る。
コーナーに収まり、消火用ではなく飲料水の備蓄用にも使える。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声