TOP>トピックス>防災・地震対策のすすめ>避難生活その他

避難生活その他

避難生活をする上で、結構目が行かない部分を紹介します。
過去の震災の例から気をつけておけばいいと思われることです。

トイレ・風呂

阪神淡路大震災の時も新潟中越地震の時も、トイレの不足が結構深刻な問題でした。
避難所になる、公民館・体育館などは地震を想定したトイレの数を用意していないので数が全く足りません。
朝などの時間は並んで待たなければなりません。

さらに、水洗で流すトイレの水なども深刻で、プールの水などもすぐに尽きたそうです。
事前にそういったグッズをいくらかそろえておけば、救助体制の整うまでの間はしのぐことが出来るでしょう。

折りたたみ式簡易トイレ

簡易トイレ

トイレ不足が深刻な避難生活中も、我が家用に簡易トイレを準備しておけば安心。
折りたたみ式なので場所をとらない。

水のいらないシャンプー

水のいらないシャンプー

避難生活中でもドライシャンプーなら手軽に洗髪が可能。
お風呂に入ったときのようにしっかり洗うことは出来なくても、洗ったという安心感でストレスを軽減できる。
全身が洗えるようなタイプのものもある。

車中・テント生活

震災時、避難所でのプライバシーがないとして、自動車の中での車中生活を送る人が少なくありませんでした。

確かに車の中での生活はプライバシーはある程度守られているかもしれませんが、反面、お年寄りなどがエコノミークラス症候群で亡くなるという事態になりました。
出来れば車の中での避難生活は避け、無理ならば水をこまめに取り、膝の屈伸など足を動かす運動をしたほうが良いでしょう。

テント

テント

野外で避難生活をする場合、雨風を防ぐテントが必要になる。
折りたたみ式や手動ポンプ式など組立が容易なものがおすすめ。

避難所用更衣室&搾乳室

避難所更衣室

女性にとって他人の気配のする中着替えをしたり、赤ちゃんに母乳を上げたりするのは大変なことです。
そういったものを最低限確保してくれるのがこれ。
組立式なので狭い場所にも保管しておくことが出来る。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声