TOP>トピックス>住宅購入の手引き>内覧のチェック・引渡し

STEP7 内覧のチェック・引渡し

建築が完了したら内装などのチェックを行います。
不良箇所があれば直してもらい、残金を支払って登記などをすれば晴れて住宅購入は終了です。

内覧会

内覧会とは、購入した物件が完成したときのお披露目会のようなものです。

いままで、図面のような平面でしか見ることの出来なかったマイホームを実際に見ることが出来ます。
図面通りに作られているか、指定したものが取付けられているかなど、不具合が無いかをチェックします。

注意したいのは、実際に内覧を見に行ったときに門や造園などが完了していないことがあることです。
出来るだけ完了した状態で見たいわけですから、あらかじめお願いしておくとよいでしょう。

登記って?

登記とは建築物の所有権が誰のものか、どういう建物かなどを公に表すものです。
人間で言えば戸籍のようなものです。

建物がどういうものであるかを表すのが「表示登記」です。
建物の場合には、所在、家屋番号、種類、構造、床面積などを記します。

建物の所有権を表すのが「保存登記」。正式名称は所有権保存登記といいます。

実際に登記をするときには、専門的な知識が必要なので、不動産会社が司法書士等を手配し、登記作業を依頼するのが一般的です。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声