TOP>トピックス>住宅購入の手引き>ローン申込み

ローン申込み

物件を決め、契約をしたら、住宅ローンを申込みましょう。

住宅ローンと売買契約

基本的な事項として、住宅ローンを申込む時には前項で説明した売買契約書がないと申し込み自体することができません。

ですが実際に住宅ローンの審査が通るかどうかは申し込んでみないとわかりません。 そこで「売買契約を結んだけれど住宅ローンを組むことができなかった」という事態になることがあります。

この事態を予防するための方法はふたつです。

ひとつは購入申し込みをした段階で金融機関に打診をしておく方法です。
審査が通りそうかどうかの判断も出来ますしある程度安心して契約に望むことが出来ます。

ふたつめは売買契約に「融資利用の特約」(ローン条項・ローン特約)をつけることです。
これは「もし、ローンの承認がえられなかった場合、売買契約を無効とし手付金等はすべて返却する」という約束を付けるものです。
ローンの承認がえられるかどうか心配なときは、これが付いているかどうか確認するとよいでしょう。

公的融資と民的融資

住宅ローンの種類は住宅金融公庫融資や年金公庫融資に代表される「公的融資」と、銀行などの民間金融機関が貸し出す「民間融資」に分けることができます。
それぞれ種類によって、金利や借り入れ条件などが違います。

公的融資・民的融資のメリット・デメリット

公的融資は、低金利・返済期間も長期でよいという点がメリットです。
それに対し民間融資はスピーディーな審査や借り入れ・返済の手軽さなどがメリットです。
ただし民間融資では金利の優遇キャンペーンなどを実施している所もあります。
それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で慎重に選びましょう。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声