TOP>SPI工法の家>SPI工法の温度管理

SPI工法の家2

夏と冬、四季に応じて着るものを衣替えする光景を思い浮かべてください。
シーズンごとアイテムごとに区分けがされていて、必要とするものを選んできています。
こんな住宅環境があれば季節に応じた操作で気分よく暮らしが楽しめ、快適に住むことが出来るというものです。

SPI工法の温度管理

夏は「開放通気・通風型」

夏を快適に過ごすには家の中に熱をためないようにすることが重要です。
自然通風を利用し、トップ排気口からの排熱・排湿を助け、常に気流が家の中を通るようにするのです。

SPI夏

夏の問題点

  • 家の中が暑い → 家中が蓄熱体になっている
  • なぜか体がかゆい → カビ・ダニなどが発生している
  • 夜、寝苦しい・朝起きても体がだるい → 熱気・空気が停滞している
  • エアコンが効かない → 遮熱・断熱が悪い
  • 湿気で家中じめじめ → 湿気の停滞や排気ができていない
  • 風通しが悪い → 入り口があっても出口がない

冬は「密閉通気型」

冬は逆に熱を逃がさず、家の中で対流させることが重要です。
トップ排気口は閉じ、たまった熱は床下まで循環します。

SPI冬

冬の問題点

  • 家の中に入ると寒い → 家が冷気の蓄熱体になっている
  • 壁、窓に結露する → 断熱・換気が悪い
  • 各部屋の温度差が激しい → 断熱効果が悪い
  • 暖房が効かない・熱が逃げる → 隙間風・断熱効果不良
  • のどが痛い・咳が出やすい → 調湿機能の不良
  • 冬に頭痛がする → 空気汚染・換気不足

SPI断熱パネル

SPI断熱パネル

外断熱工法は、住宅の断熱工法としては最も信頼性が高い工法です。
しかし、従来の断熱工法では気密性能を高めるためにシート類を張ったり気密テープ類が必要でしたが、「SPI断熱パネル」は特殊なジョイント加工により、防水性も確かでシート類の施工を不要でテープ貼りの作業も大幅に軽減しました。
通気性もあり木材の呼吸を妨げないで施工性もよい合理的な高性能住宅工法を可能にしました。

SPI工法のこだわりは、断熱素材だけではありません。

木材や合板などほとんどの建築資材が伸び縮みするといっても過言ではありません。断熱素材も同様に伸び縮みします。
高性能断熱材といわれる押出法ポリスチレンも温度差によって1mあたり約1mmの伸縮があります。
下記図のように気密テープだけの継ぎ手処理では、3年もたたないうちに継ぎ目の劣化が心配されます。

SPIパネルの劣化

断熱のメカニズムについて

従来の断熱工法(内断熱)では断熱材は家の骨組みのような構造材の間に挟みこむように設置していました。
しかし、SPI工法では(外断熱)構造材の外側に張り付ける事により、内断熱工法では断熱材があった場所に空気の通るスペースができ、たまる熱を気流で流すことが出来ます。
また、湿気においても優れた排湿効果を発揮します。

SPIパネル構造

■従来の断熱工法(内断熱)

従来の工法では、断熱材は構造・造作材の間に設置します。
また、防湿気密・防風透湿シートの施工は断熱と気密の性能に大きく影響するので、シートの穴や隙間から入ってくる水分にに気をつけなければいけません。
(断熱性能の低下や、ダニ・カビの発生原因になる)

■SPI工法(外断熱)

SPI工法では、断熱材は構造・造作材の外側に設置しています。
断熱・気密・防水・防風4機能を同時にムラなく施工することが出来、さらに、「SPI断熱パネル」の外側と内側には排熱・排湿機能を持った通気層を設け、SPI工法の特徴の一つのトップ排気口が構造内部内側の通気効果をより高めます。
また、全体の省エネ効果も特徴のひとつです。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声