TOP>SPI工法の家

SPI工法の家

SPI

SPI工法は自然の力を利用した住まいです。
特筆すべきは各室に欄間(扉上部の開き窓)を設け、室内すべてを一体化するところにあります。
夏場は床下からの冷えた空気を取り入れ、建物上部に取り付けられた天窓から排気します。
また冬場は天窓を閉じ、暖かな空気を循環させます。
構造体内部も同じように循環させるため、湿気が滞留することなく、構造体が長持ちすることにもつながります。

施工例のご紹介

SPI工法の特徴

SPI工法にはいくつかの特徴があります。ここでは簡単にその特徴をご紹介したします。

■カビ・ダニの抑制

カビ・ダニの抑制

健康を考えると室内の湿度は約40〜60%にすることが大切。
湿度を調整することでカビやダニを抑制することができます。

■夏は涼しく、冬は暖かい

夏は涼しく、冬は暖かい

気密が高いということは屋外の花粉や粉塵等のの流入を抑えることが可能。 
また、すき間風がなく強風でも静かな環境。

■冷暖房費も節約

冷暖房費も節約

住んでから気になるのがランニングコストとなる冷暖房費。
自然の熱を最大限利用するので電気代節約でもあります。
また北側に設ける天窓からは明かりも取れることもうれしいですね。

■室内いつでも一定温度

室内いつでも一定温度

気密性が高いこと、空気の循環作用により部屋同士の温度差はもちろん、室内の上下温度差もほとんどなく、良好な住環境となります。

■高い防音性

高い防音性

気密性の高い住まいということは、すき間が少ないということ。
それは外部の騒音を感じさせないばかりか室内のテレビやステレオの音も外には漏れないということになります。

室内空気コントロール

夏涼しく、冬暖かい秘密。それは室内空気コントロールです。
SPI工法では空気の流れを科学的に計算し、温度をコントロールします。

夏は輻射熱を停滞させず、冬は利用する工夫

輻射熱

輻射熱のもっとも代表的なものは太陽熱とストーブの熱です。
これらは空気に関係なく光のように熱線として放出され、絶対零度(摂氏-273℃)以上の温度を持つ全ての物体から放出されています。
熱は温度の高い所から低い所に流れる性質があり、夏、太陽熱によって暖められた壁面に近づくと人体よりも温度が上昇しているので壁からの輻射熱で暖かく感じます。
壁面の近くに通風などで輻射熱の停滞を防ぐ工夫をすることで室内を涼しく保つことができます。

冬の場合は夏とは逆に壁面の方が冷たくなり、人体から壁面の方に熱が奪われていくので寒く感じます。
これを冷輻射と呼びます。冬の暖房のコツは、壁面や床を暖めることです。
冷輻射の発生を防ぎ、温熱環境を守るためには壁を冷やさないことが最も重要です。
断熱材が必要なのもこのためです。

ですから、最も理想的な温度対策は夏には冷たい空気を取り入れ軽い気流を作って室内を循環させ、冬には壁面や床を太陽光等で暖めて輻射熱で暖房することなのです。

室内の気流

コールドドラフト

外気の移動する早さを風速というように、室内の空気の流動する速さを気流といい、室内では0.5m/s以下になるようにとされています
また、気流はドラフトとも言われ、断熱が不足している冬の窓辺などで外気に冷やされた空気が下方に流動する現象がありますが、これをコールドドラフトといいます。

気流のコントロールで重要なことは、人が感じない程度の気流を建物の隅々にいきわたらせることです。
しかし、一般的な冷暖房機器では空調機の空気吹き出し口・吸い込み口の位置や部屋の開口部の位置などもあり、不快感の少ない気流を作ることは非常に難しいでしょう。
そのため理想的な気流コントロールを実現するためにはSPI工法のような自然の気流を利用するのが最も効果的です。

夏、気流のコントロールで重要なことは、室温が高いと発汗等で体の表面で層になって熱と水蒸気が人体を取り囲み、いくら室温が低くても不快感を感じてしまいます。
これを回避し、快適な環境にするには適度に気流を作り、人体から発生する熱や水蒸気を動かしてやらなければないけません。

また、冬の室内コントロールには対流が大切です。
対流とは液体が熱の動きとともに移動することですが、気体にも同じことが言えます。
これによって暖かい空気の流れをコントロールし、熱を外に逃がさず循環させることで室温を暖かく保ちます。

SPI工法は、これらすべてを駆使し室内の対流をコントロールして自然エネルギーを利用する科学的な工法なのです。

体感温度と室内温度の関係

体感温度とは、周りの温度が体温よりも低いときに人体と空気の間に温度の差が生じ、対流による熱の発散が行われることです。
空気温度が低いときには、周りの壁や床の表面温度も低くなるので輻射による熱の発散も行われて、実際の温度よりも低温に感じます。

また、周りの空気の温度が体温に近くなると、人体との温度差が少なくなるので対流や輻射による熱の発散が十分に行われなくなります。
冬に周囲が寒くても焚き火をすると直接火の暖かさが感じられるのは、焚き火の輻射熱が空気の温度に関係なく光のように移動してくるからです。

この様に、体感温度は周囲の壁などの輻射や温度環境によって大きく変わるのです。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声