TOP>SPI工法の家>セカンドハウス

セカンドハウス

外観とは裏腹に中は木材の色を濃く残したつくりになっています。
ロートアイアンのアクセントなど、和と洋の融合したようなイメージになりました。

イメージ

外観

■敷地面積  480.00u
■建築面積  122.55u
■延床面積  145.00u
■構造     SPI工法

施主の要望によるオレンジアーチにロートアイアンの妻飾りがアクセント。
その存在感により不思議なイメージを持っています。

キッチン

キッチン

洋風イメージのキッチン。
内部は和風のイメージが強めなので切り取られたように洋風の色が入ると洋風のイメージも強調されるように感じられるでしょう。

和室

和室

小スペースながら広い開放感を持つ和室です。
その秘密は天井部分の開放にあります。
また、小さな縁側もそれに貢献しています。

シャンデリア風照明

ロートアイアンの照明

ロートアイアンによる工芸品のような照明と、和洋の持つ雰囲気が見事に合わさっています。

※ロートアイアンとは洋館の門などに使われるデザイン性の強い鉄工芸です。

吹き抜け

天井部分

天井付近の壁を開放してあるのはSPI工法によりそれを利用して温度や湿度のコントロールが出来るからです。
そのおかげでこの家は開放感と快適な空間を保てています。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声