TOP>ハイブリッドRC分譲住宅PROTOS>安全性

ハイブリッドRC分譲住宅PROTOS 安全性

日本最高水準の性能「RC住宅」は、しっかりと断熱・気密されているため結露が抑えられ、家中が快適です。

壁式構造

RC造には、木造住宅を大幅に上回る外力に対する強さがあります。
中でもRC壁式構造は、壁・床・天井の六面体全体をRCで構成。
面全体で地震や台風などの外力を受け止めるため、強度的にも最も優れていると評価されています。

壁
■仕上げ材
断熱材とコンクリートを一体化することで断熱性能が向上します。
躯体内結露の心配はありません。
■コンクリート
木造住宅の柱の1.5倍の厚みを持つコンクリート壁。
これが阪神大震災でも被害がなかった壁式鉄筋コンクリート構造。2時間耐火です。
■断熱材
グラスウール(10kg/u)の1.5倍の性能を持つ断熱材が室内をすっぽり包み込む。
優れた断熱性能。
■クロス
ノンホルマリン系を使用しているので安心です。

継ぎ目のない構造

基礎・構造

住宅の基礎は建物の荷重を支え、不動沈下を防ぎ、台風や地震などの力を大地に分散させる重要な部分です。

RC造住宅では建物と一体化したRC造基礎を採用。
一般的な木造住宅基礎を大幅にしのぐ鉄筋量が使われるため、構造的に強固になります。
しかも、木造は布基礎が主流なのに対して、ベタ基礎で継ぎ目がない構造なので四方からの力にもしっかり対応します。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声