TOP>注文住宅>住宅の検査のち、引渡し

住宅の検査のち、引渡し

建築検査

最近では、建築検査専門の会社なども増えてきています。
施工者の気がつかない問題点を改善し、住宅の安全と価値を高めるためにも第三者の検査をうけることをすすめます。
また、家が完成してからでは原因究明も補修も大変な作業になります。
その前に設計や施工の段階で検査を行い安全を確かめておきましょう。

引渡し

いよいよ住宅の引渡しですが確認しておくポイントがあります。
ざっと確かめやすいことをあげてみると

  • 床、壁などの傷・汚れ
  • 床のきしみ
  • ドア類のたてつけ
  • 設備器具の動作確認
  • コーキング処理確認

あたりになります。
また、引渡しの当日には重要書類や、設備器具の仕様書、保証書なども渡されますので、書類を受け取る時に気をつけるポイントを紹介します。

  • 書類の記載に間違いがないか
  • 設備機器の保証書、説明書の確認
  • アフターメンテナンスの連絡先と担当者の確認
  • 工事保障期間の記載の有無
  • 追加、変更の工事をした場合その金額などが明確になっているか
  • 確認申請副本と各検査済書の確認

すべて確認し不備がないと思ったら引渡し書に押印し、引渡しが完了します。
しかし、ここで会社との付き合いが終わるわけではありません。
ほとんどの場合、引渡し後に実際住んでみてわかる事がたくさん出てくるので何度か問い合わせをすることになるでしょう。
そのときに気軽に連絡を取れるようにしておきたいものです。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声