TOP>注文住宅>設計者、施工業者の選定

設計者、施工業者の選定

設計は誰に依頼するのか?

理想の家のイメージはできましたか?
ここからはイメージを現実に近づけるため、条件の優先順位をつけてあきらめる所を決め、予算内に収まるようにしなければいけません。

また、実際に設計するにあたって重要なのはどこに設計を依頼するかになります。
主に、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つになりますが、求める家のイメージと依頼先の相性などでどれだけ満足するものが出来上がるか左右されることになり、ハウスメーカーや工務店と一概に言っても和風が得意とか、洋風が得意とか依頼先によって千差万別です。そこをよく考えて決めないといけません。

また、ハウスメーカー、工務店、設計事務所とありますが、大体次のような特徴があるとされています。

■ハウスメーカー
一般的に広域に展開する大手住宅建設会社のことです。

大規模な会社なので信頼性があり、工事も短期間ですみ、住宅展示場も多く目で見て確認ができます。
反面、住宅の設計はある程度きめられていて、規制もあるのでそれほど自由に決めることができません。
また、様々な経費により家の金額が工務店などと比べると高額です。

ハウスメーカーでは、よい営業マンと出会うことが成功の秘訣です。
設計士と直接会うことがあまりないため、営業マンの相性やこちらの提案をよく理解してくれる人かどうかなどが重要になります。
■工務店
地域密着、もしくは比較的小規模に展開する建設会社のことです。

一概に工務店といっても、技術、信頼、営業形態等、かなりの幅があります。
また、設計の自由度はそれなりに高いですし、家の金額も経費が抑えられるので比較的格安にすみます。
ですが、地域に根付く工法を得意とすることが少なくないため、できるだけ相性のいい工務店を選ぶのが重要です。

そして、工務店では社長の顔、担当者の顔、事務所の様子などを見るのがとても大切です。それぞれがちゃんとしていれば信頼できる工務店だからです。
■設計事務所
施工会社とは別に建築士が設計を専門に請け負う事務所のことです。

設計事務所の技術力にはかなりの幅があり、その得意とするところの幅も工務店などの比ではありませんが、設計の自由度はかなり細かなところまで融通が利きます。
施主が思う通りの家を作りたいのなら最も適した依頼先でしょう。
また、実際に施工するにあたり、設計事務所に工事監理を頼むことができるので、第三者の目でしっかりと工事が行われているかチェックしてもらうことができます。

ちゃんと相性のいいところを選び、綿密な話し合いをした上で完成した家は比類ない満足感をあなたに与えてくれるはずです。
反面、家の合計金額が高い、工期が長い(1年ほど)などの欠点もあります。

施工業者を選ぶ

主に設計事務所などでは設計した家を建てるのに施工業者を選びます。
多くの場合、設計事務所などから推薦された業者を紹介されると思いますが、自分で選ぶ場合には設計事務所などとよく相談してください。

また、見積もりが出されたときによくわからない点があったら、すぐに質問して問題を明らかにするべきです。
自分のお金が何に使われているのか不明瞭なのはとても気分が悪いことですから。

  • SPI工法
  • 防災・地震対策のすすめ
  • 建設用語辞典
  • 欠陥住宅情報所
  • 住宅購入の手引き
  • お客様の声